お客様の声

全てを見る

2020/01/31

和泉市光明台からご来店🌈iPhone6Splus バッテリー&パネル&近接センサー交換📱

バキバキになってしまったiPhone6Splus📱💦


こんにちは💕
iPhone修理
アイドリーム光明池店です😊

今回のお客様は・・・
iPhoneを投げられてしまって(T_T)
とのことでご来店👠

状態を確認すると👀
かなりバキバキで破壊されてしまってます💦

でも大丈夫です!
早速お修理に取り掛かり🔨
無事にお修理完了です!

「本当にありがとう😊✨」とお喜び頂きました🎵
なおって本当に良かったですね💕

もしもiPhonegaひどい状態になってしまっても、
無理かもと諦める前に、
是非一度アイドリーム光明池店にお持ちくださいませ👠
皆様のご来店お待ち致しております😊

『💎プチ豆知識💎』



【iOSについて】

『iOS14は安定性重視! バグ続出のiOS13を反省、開発方針を転換』

Appleは、2020年に公開するiOS14で、不具合を減らす事を重視した開発方針をとる模様です。
不具合が頻発したiOS13などの反省を踏まえた方針転換とみられます。

『コードネーム「Azul」のiOS14、安定性向上に取り組む』

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏は 社内のソフトウェア開発者の会議で、2020年に公開するiOS14などのソフトウェアは 安定性向上のためいくつかの機能追加を2021年まで遅らせる方針を語った とBloombergが報じています。

2019年に公開したiOS13では、大小様々な不具合が多く、9月の公開から2ヶ月間ほぼ毎週 合計8回もアップデートを提供しています。

Appleは、「Azul」のコードネームで進められているiOS14の開発に、「Flags」と呼ばれる手法を採り入れ 不具合の修正状態に応じて機能を有効化可能にすることで安定性の向上をはかる方針です。

なお、「Flags」はGoogleやMicrosoftをはじめソフトウェア業界では広く導入されている手法とのことです。

『ベータ段階から異例続き』

iOS13では、iOS13の正式版公開前にiOS13.1のベータが公開されるというきわめて異例の事態に 多くの開発者や報道関係者が驚きました。

モバイルデータ通信が繋がらなくなる不具合や、バックグラウンドのアプリが強制終了する不具合は、 11月に公開されたiOS13.2.2でようやく修正されました。

店舗情報

店舗名 i-Dream(アイドリーム)光明池ダイエー店
郵便番号 〒594-1101
住所 大阪府和泉市室堂町841-1
ダイエー光明池店 1F
電話番号 072-557-2866

店舗紹介

大阪 光明池でのiPhone修理はi-Dream(アイドリーム)にお任せください。ダイエー光明池店内で安心アイフォン修理!アイフォン修理の各種割引も有るので、故障したiPhoneをお得に修理することが出来ます。「iPhoneを落としてガラスが割れてしまった」「ホームボタンが動作しない」「スピーカーから音が出ない」等の故障はデータはそのままで修理可能!メーカー修理で断られた場合でもi-Dream(アイドリーム)なら修理可能な場合もありますので、お気軽にご相談下さい。

クレジットカード・主要電子マネーOK!

使用可能クレジットカード

i-Dream(アイドリーム)専用駐車場

PAGE TOP