お客様の声

全てを見る

2020/08/24

堺市城山台からご来店🌈iPhone6📱

洗濯機で水没してしまったiPhone6

こんにちは💕
iPhone修理
アイドリーム光明池店です😊

今回のお客様は・・・

『洗濯機でまわしてしまって、電源が入らなくなってしまって( ;∀;)』

との事でご来店👠

まずは、水没復旧作業を行い

パネル&バッテリー交換で無事起動しました❢

『データそのままで本当に良かった💕有難うございます❢』

とお喜び頂きました☆

iPhone修理なら

アイドリーム光明池店にお任せください👩



『💎プチ豆知識💎』



【今更聞けない。「デバイス」ってなに?!】

パソコンやスマートフォンを使っていると頻繁に登場する「デバイス」という用語。

なんとなくわかるけれど、わかりにくいですよね?

「デバイス」の意味からご説明させて頂きます。

「デバイス」は電位部品や機器、周辺機器の総称

デバイス(Device)は直訳すると「装置」となりますが、一般的にはパソコンやスマートフォンなどを含む、単体で特定の機能を持つ電子部品・機器・周辺機器のことを指して使われる単語です。

細かいものでいえばCPUやメモリ、ハードディスクなど。

大きなものでいえばモニターやマウス、キーボード、CD・DVD・Blu-ray DISKへの読み書きに用いるディスクドライブもデバイスです。

デバイスというと、パソコンの外にあるものをイメージしていたという人も多いのでは。

パソコンの中にある、CPUやメモリもデバイスなんです。

動作させるには専用のソフトウェアが必要

デバイスは単体では機能せず、組み合わせて使用する際にも、デバイスを動作させるために「デバイスドライバ」と呼ばれる制御用のソフトウェアが必要です。

単に、「ドライバ(ドライバー)」ということもあります。

一般的なデバイスドライバ(デバイスドライバー)はそれと組み合わせて使用する機器のOS(Operation System.基本となるソフトウェア)に組み込まれていることが多く、普段から意識的にインストールする機会はないかもしれませんね。

なので、余計に「パソコンの中のデバイスをドライバで動かしてる」というイメージが持ちにくく、なんのことなのか、意味がつかみづらくなってしまうのかもしれません。

ドライバーと聞くと、「運転者」という訳をまず思いつきますよね。

車のドライバーは、まさに車の動きを制御しているわけです。

そう考えると、「デバイスドライバ」の働きもわかりやすいのではないでしょうか。

デバイスドライバのインストールはしたことがあるかも?

“意識的”にインストールすることはないといいましたが、実は皆さんも身近なところでインストールの場面に遭遇しているかもしれません。

たとえば機種変更したばかりのスマートフォンをはじめてパソコンに接続した際、画面に出た「ドライバソフトウェアをインストールしています。」といったメッセージを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

あれがまさに、デバイスドライバのインストールです。

こうして身近な例でしくみを考えられると、より「デバイス」というものも理解できるのではないでしょうか。

店舗情報

店舗名 i-Dream(アイドリーム)光明池ダイエー店
郵便番号 〒594-1101
住所 大阪府和泉市室堂町841-1
ダイエー光明池店 1F
電話番号 072-557-2866

店舗紹介

大阪 光明池でのiPhone修理はi-Dream(アイドリーム)にお任せください。ダイエー光明池店内で安心アイフォン修理!アイフォン修理の各種割引も有るので、故障したiPhoneをお得に修理することが出来ます。「iPhoneを落としてガラスが割れてしまった」「ホームボタンが動作しない」「スピーカーから音が出ない」等の故障はデータはそのままで修理可能!メーカー修理で断られた場合でもi-Dream(アイドリーム)なら修理可能な場合もありますので、お気軽にご相談下さい。

クレジットカード・主要電子マネーOK!

使用可能クレジットカード

i-Dream(アイドリーム)専用駐車場

PAGE TOP